ますも証券
創業・明治6年

福井で株・投資・FXのことなら
ますも証券におまかせ!

ご相談・お問合せ
TEL 0776-23-2830
FX専用口座を開設する
お問い合せ・資料請求
FXデモ取引体験
FX会員様ログイン
 
メール会員登録
「ひらがな」なオーナー日記
ゼロから始めるFX

創業・明治6年の老舗、ますも証券が監修した、初心者のためのFX入門書。これからFXを考えている人必読の一冊。

「新訂 ゼロから始めるFX」

MASUMO FX
MASUMO FXトップ
FXがはじめての方へ
MASUMO FXのサービス
マーケット情報
セミナー情報
お知らせ
法人レバレッジ
重要事項
重要事項 赤線

 店頭外国為替証拠金取引「MASUMO FX」(=「MASUMO FX」とは益茂証券株式会社の取扱う店頭外国為替証拠金取引の総称。以下「MASUMO FX」)をされるに当たっては、本書「店頭外国為替証拠金取引説明書」(以下、本説明書)の内容を十分に読んでご理解ください。「MASUMO FX」は元本や利益が保証された商品ではありません。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。つまり、取引象である通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。お取引を開始する場合又は継続して行う場合には、本説明書のみでなく「約款・規定集」等をよくお読みの上、取引の仕組みやリスクについて十分ご理解いただき、自己の資力、取引経験及び取引の目的等に照らし適切であると判断する場合にのみ、お客様のご自身の判断と責任においてお取引されますようよろしくお願いいたします。

(店頭外国為替証拠金取引説明書を一部抜粋)

<個人の方>
店頭外国為替証拠金取引説明書(個人用)
※[PDFデータ]が開きます。
約款・規定集(法人用)
※[PDFデータ]が開きます。
約款・規定集(法人用)
※[PDFデータ]が開きます。
<法人の方>
店頭外国為替証拠金取引説明書(法人用)
※[PDFデータ]が開きます。
店頭外国為替証拠金取引のリスク等 重要事項について 赤線

 店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益が証拠金取引であるため、実際の取引金額が証拠金の額に比べて大きく、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転ずることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に 比して大きいため、損失の額がお客様の預託した証拠金の額を上回ることがあります。

(1)相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引が出来なかったりする可能性があります。

(2)取引システム又は金融商品取引業者およびお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消などが行えない可能性があります。

(3)手数料は、1取引単位あたり片道500円を上限として預託証拠金から徴収させていただきます。取引数量に応じてその整数倍となります。またお取引口座によって異なり、インターネット(通称マスウェブスタンダード)でのお取引は、1単位あたり500円(片道)、(通称マスウェイブマックス)でのお取引は手数料無料となります。(当社が取り扱う店頭外国為替証拠金取引は、通貨を売買の対象とし、受渡決済を取り扱いますので、手数料に消費税は課税しません。)

(4)お客様が注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)は出来ません。

(5)カバー取引先は株式会社ライブスター証券(証券取引・店頭外国為替証拠金取引) 【金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第8号】となります。なお、カバー先会社の信用状況に対するリスクもあります。カバー先会社の信用状況によっては損失を被る危険もあります(※)。

(6)お客様が預託される証拠金を当社自身の資産とは区別して「日証金信託銀行」への信託により全額区分管理しております。「日証金信託銀行」への信託につきましては、信託契約に基づき信託保全されております。

(7)当社は「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」第 10 条の5第7項第1号に規定する報告金融機関等にあたります。当社と金融取引を行うお客様は、同条第1項前段の規定により、「特定取引を行う者の届出書」を届け出ていただく必要があります。また、当社では、同項後段の規定により届け出ていただいた内容の確認を行うほか、居住地国が一定の国のお客様については、同法第10 条の6第1項の規定により口座残高等の情報を所轄税務署長に報告することが義務付けられております。

※お客様の取引先は当社であり、カバー取引先金融業者とお客様との間には一切の契約関係はないため、カバー取引金融業者が、お客様からのご質問、ご照会に応じることはありません。お取引の際は、店頭外国為替証拠金説明書[個人用/法人用]、約款・規定集[個人用/法人用]等をよくお読みになり、十分ご理解の上、自らの判断と責任において行われますようにお願いいたします。

店頭外国為替証拠金取引の主なリスク等 店頭外国為替証拠金取引に係るご注意 赤線

【為替変動のリスク】

 外国為替市場では、各国の経済環境、金利動向等により24時間常に為替レートが変動しております(土日・一部の休日を除く)。店頭外国為替証拠金取引は、ある通貨を対価として、その通貨以外の通貨を売買する取引を指しますが、値幅制限もなく短期間で大きく変動する場合もあり、変動によっては為替差損が発生します。また、その損失はお客様が当社に預託された額を超える可能性もあります。


【レバレッジ効果リスク】

 店頭外国為替証拠金取引では、レバレッジ(てこの作用)による高度なリスクが伴います。実際に投資した資金に比べて大きな取引が可能なため、大きな利益が期待できる反面、相場が思惑に反した場合には損失も大きくなります。マーケットがお客様のポジションに対して不利な方向に変動し、有効証拠金が当社の定めるロスカット値を割った時、当社がお客様の計算においてお客様が保有するすべてのポジションを自動的に成行注文にて決済いたします。証拠金取引では預託した資金に対し過大なポジションを保有することにより、相対的に小さな資金で大きな利益を得ることが可能ですが、逆に、預託した資金をすべて失う、あるいは預託した資金を上回る損失を被る可能性も同時に存在します。


【流動性リスクと特殊な状況】

 マーケットの状況によっては、お客様が保有する建玉を決済することや新たに建玉を保有することが困難となる場合があります。為替市場には値幅制限がなく、特別な通貨管理が行なわれていない日本円を含む主要国通貨の場合、高い流動性を示しています。しかし、主要国での祝日や、ゴールデンウィークやクリスマス、年末年始などの休日における取引、ニューヨーククローズ間際・週始のオープンにおける取引、あるいは普段から流動性の低い通貨の取引は、当社の通常の営業時間帯であっても価格の提示や注文の成立が困難となる場合があります。天災地変、戦争、テロ、政変、同盟罷業、外貨事情の急変、外国為替市場の閉鎖など、特殊な状況下で特定の通貨の取引が困難又は不可能となる場合もあります。


【金利変動リスク】

 店頭外国為替証拠金取引では、通貨の交換を行うと同時に金利の交換も行われ、決済期限の繰り延べ(ロールオーバー)を行う際に、スワップポイント(金利差調整金)の受払いも生じます。スワップポイントは、2通貨間金利差から算出され、各国の景気や政策など様々な要因による金融情勢を反映した市場金利の変化に応じて、日々変化します。そのため、その時々の金利水準等によってスワップポインの受払いの金額が変動します。


【相対取引リスク】

 MASUMO FXは相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。


【カバー取引先リスク】

 カバー取引先において、カバー取引が出来ない状況になった場合、お客様の取引が不可能、又は制限されます。


【ロスカットリスク】

 為替取引では変動値幅に制限がありません。また24時間、取引が継続しているため、相場変動リスク管理が非常に重要になってきます。「MASUMO FX」では、多額の損失を未然に防ぐため、お客様の建玉を一定期間ごとに損益評価(値洗い)を計算し、有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、その時点でお客様のすべての建玉をお客様の計算において反対売買により成行注文で決済するリスク管理システムを導入しています(ロスカット制度)。その際、下記の場合など強制決済されるべき水準より不利な為替レートで決済されるおそれがあり、お客様が預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。なお、インターネットでお取引画面がご覧になれるお客様には、取引画面上に口座維持率が表記されており、ロスカット値を確認することできます。

・相場状況が急変した場合

・土曜日の終値と月曜日の始値が乖離している場合

・メンテナンスの開始前の価格と終了後の価格が乖離している場合(臨時メンテナンスを含む)

・インターバンク市場において出合レートがない場合

◎なお、発生した不足額はお客様が当社へ速やかに入金するものとします。


【強制決済リスク】

 「MASUMO FX」では、1 日1 回(前日取引の値洗い時)毎に値洗いレートに基づいて取引コース・通貨ペア別の取引証拠金を決定し、有効証拠金(預かり評価残高から出金依頼額を差し引いた額)が必要証拠金(※)を下回った場合は、当社がお客様の保有するすべての建玉をお客様の計算において反対売買により成行注文で強制決済いたします。

 必要証拠金とは、保有しているポジションを維持する為に必要な証拠金の額をいいます。1日1回(取引時間終了時)毎に、以下の計算式により、通貨ペア別の必要証拠金を決定します。

[値洗いレート×ロットあたりの数量×規制率] ※1円未満は切り上げとなります。


【逆指値注文リスク】

 「MASUMO FX」での逆指値注文は、下記の場合において、注文した価格から大きく乖離して約定することがあります。

・相場状況が急変した場合

・土曜日の終値と月曜日の始値が乖離している場合

・メンテナンスの開始前の価格と終了後の価格が乖離している場合(臨時メンテナンスを含む)

・インターバンク市場において出合レートがない場合。また、逆指値注文は値幅制限がないことから必ずしも損失が想定した範囲であるとは限りません。


【指値注文リスク】

 「MASUMO FX」での指値注文は、注文した価格で約定します。したがって、約定した価格は、注文時点の提示レートより不利なレートになる場合があります。


【スリッページリスク】

 「MASUMO FX」での取引注文では、注文時の提示レートと約定レートが変動することがあります。このとき、注文時の提示レートより不利なレートで成立することがあります。(お客様の注文が当社サーバーに到達した時点で受付となりますので、タイムラグによってお客様が注文を出した時の為替レートと実際の約定為替レートが異なる場合があります。)また、逆指値注文におきましても指定した値段に達した時点をもって成行注文として処理されるため、お客様の指定した値段と実際の約定レートが異なる場合があります。

※指値注文は注文した価格で約定しますので、スリップページは発生しません。


【個人情報に関するリスク】

 「MASUMO FX」を利用するにあたり、使用するログインID・パスワード等の個人情報が窃盗・盗聴等により第三者に漏れた場合、その第三者がお客様の個人情報を悪用することによりお客様が損失を被る可能性があります。


【電子取引システムリスク】

 電子取引システムの場合、お客様および当社の通信機器故障、通信回線の障害、情報配信の障害、あるいは電子取引システムそのものの障害等により、一時的または一定期間、お客様の取引が不可能になる場合があります。また、取引は出来ても配信されるレート・情報が誤配および遅配により、実勢とはかけ離れたレートでの約定、および約定されたものが取消される可能性があります。この場合の当該取引については当社の判断により対応させていただきます。


【スワップポイント・取引手数料の変更リスク】

 スワップポイント・取引手数料は金融市場の動向、各国の経済・社会情勢の動向等によっては、お客様に事前に通知することなく変更する場合があります。また、それに伴い資金の追加が必要になったり、ロスカット値が近くなったりする可能性もあります。


【関連法規の変更リスク】

店頭外国為替証拠金取引に係る関連法規の変更等により、現状より不利な条件での取引となる可能性があります。


【両建て勧誘について】

 「MASUMO FX」では、お客様ご自身の判断で両建て建玉を持つことはできますが、為替レートの変動による損益が固定された状態になります。また、次に揚げるようなデメリットがあり、経済合理性を欠くおそれがある取引であることから、当社ではお勧めするものではありません。

(1)取引手数料が二重にかかること。

(2)スワップポイントの受払いが発生し、逆ざやが生じるおそれがあること。

(3)仲値を基準とする売値と買値の価格差を二重に負担することになること。


上記のリスクは、「MASUMO FX」における主なリスクについて記載したものですが、これが全てのリスクとは限りません。

店頭外国為替証拠金取引に係るご注意 店頭外国為替証拠金取引の主なリスク等 赤線

○益茂証券「MASUMO FX」(以下、本取引)は、金融商品取引法において不招請勧誘禁止の対象となっている店頭デリバティブ取引であるため、お客様より事前に要請がない限り訪問・電話による勧誘はできない取引です。(注1)

※この取引に関して行われた勧誘が訪問・電話による場合、お客様の要請によるものであることを改めてご確認ください。

本取引は、証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、場合によっては、大きな損失が発生する可能性を有しています。また、その損失は、差し入れた証拠金の額を上回る場合があります。お客様の窓口へのご来店又は勧誘の要請により勧誘が開始された場合においても、本取引の内容等を十分ご理解の上、お取引いただきますようお願いいたします。

○お取引内容に関するご確認・ご相談や苦情等につきましては、当社カスタマー係(0120-104-909)までお申し出ください。なお、お取引についてのトラブル等は、以下の金融ADR(注2)機関における苦情処理・紛争解決の枠組みの利用も可能です。

特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(略称:FINMAC)

電話番号 0120-64-5005(フリーダイヤル)

(注1)ただし、以下に該当する場合は適用されません。

・当該取引に関して特定投資家に移行されているお客様の場合

・勧誘の日前1 年間に、2以上のお取引いただいたお客様及び勧誘の日に未決済の残高をお持ちのお客様の場合

・外国貿易その他の外国為替取引に関する業務を行う法人のお客様であって、お客様の保有する資産及び負債に係る為

替変動による損失の可能性を減殺することを目的とする場合

(注2)金融ADRとは、裁判外紛争解決制度のことで、訴訟手続によらず、民事上の紛争を解決しようとする紛争の当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続をいいます。

その他当社方針等 赤線 MasumoFX(店頭外国為替証拠金取引)に関するリスク及び手数料について