2019年8月30日(金)をもちまして
「店頭外国為替証拠金取引(MasumoFX)」は終了いたしました。
長い間ご利用いただきましてありがとうございました。
ますも証券
創業・明治6年

福井で株・投資・FXのことなら
ますも証券におまかせ!

ご相談・お問合せ
TEL 0776-23-2830
くりっく365
お問い合せ・資料請求
FXデモ取引体験
 
メール会員登録
「ひらがな」なオーナー日記
ゼロから始めるFX

創業・明治6年の老舗、ますも証券が監修した、初心者のためのFX入門書。これからFXを考えている人必読の一冊。

「新訂 ゼロから始めるFX」

MASUMO FX
MASUMO FXトップ
FXがはじめての方へ
MASUMO FXのサービス
マーケット情報
セミナー情報
お知らせ
法人レバレッジ
重要事項
為替レポート一覧
メルマガ
メルマガ
2014年09月

2014年09月02日

 2日の東京外国為替市場でドル円は底堅い。GPIFへの改革期待が高まるなか、午前からの買いの流れが継続。市場では「国内輸入企業から買いが観測された」との指摘があり、一時104.87円と1月16日以来の高値を付けた。その後も高値圏で底堅く推移した。

 豪ドル米ドルは小幅安。オーストラリア準備銀行(RBA)の政策金利発表を前に持ち高調整の売りが出て0.9285米ドルまで下落したが、その後はもみ合いが続いた。RBAは政策金利を現行の2.50%に据え置き、声明では「特に商品価格の一段の下落を考慮すると、為替レートは依然としてファンダメンタルズから判断した価値を上回っている」「住宅価格の上昇は続いている」と前回からやや文言に変更はあったものの、豪ドル相場への影響は限定的だった。市場では「明日の4-6月期豪GDPやスティーブンスRBA総裁の講演内容を見極めたい」との声も聞かれた。

 ユーロ円は買い継続。ドル円と同様に午前からの買いの流れが続き、一時137.60円の日通し高値まで上値を伸ばした。

 ユーロドルは15時時点では1.3121-26ドルと12時時点(1.3122ドル)とほぼ同水準。

【2019年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2017年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2013年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

MasumoFX(店頭外国為替証拠金取引)に関するリスク及び手数料について