ますも証券
創業・明治6年

福井で株・投資・FXのことなら
ますも証券におまかせ!

ご相談・お問合せ
TEL 0776-23-2830
今すぐ口座開設する
株や投資を始めてみたい方へ
ますものNISA
お問い合せ・資料請求
FX会員様ログイン
福井女性活躍推進企業マーク
メール会員登録

ますも証券がおすすめする情報や
セミナー情報などをメール配信!

メール会員とは?

マイナビ2020
「ひらがな」なオーナー日記

ますも証券のオーナー益永が綴る
冷や汗とズッコケの毎日を、写真と
【ひらがな名前入り和歌】で紹介!
あなたの名前も和歌に入るかも?

▼ こんな本も出してます ▼

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場

2017年7月20日発刊!
第4弾「ひらがなな会長の、社員への手紙」

十数年前に実施した社員アンケートに対する回答を集めた構成で、8コマ漫画やイラストを交え、とても読みやすい内容なっています。

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場
週刊よもやま話
「ひらがな」な社長の毎日
為替レポート一覧
NYデイリーレポート メルマガ
証券レポート
2016年03月

2016年03月07日

 日本株は戻りを試す展開が続こう

 先週の日経平均は週間ベースで続伸した。円の上昇や軟調な中国経済指標を嫌気し、週前半は一時16,000円を下回る場面もみられた。ただ週後半にかけては、原油価格の上昇や政策イベントに対する期待を徐々に織り込み、日経平均は戻りを試す動きとなった。週末には1ヵ月ぶりに17,000円の大台を回復し、17,014円で取引を終えた。

 国内の株式市場は売られ過ぎた銘柄の修正が進んでいる。筆頭は銀行株だ。銀行株は日銀がマイナス金利政策の導入を決めた1月29日以降に下押し圧力が一段と強まった。しかし、足元ではマイナス金利政策による「負の影響」が相場に織り込まれたとの見方や、銀行株の割安感、配当利回りなどに着目する買戻しの動きが広がっている。日本株は3月期末に向けて戻りを試す展開になりそうだ。原油価格の下げ止まりや米国経済の底堅さの確認、そして国内のマイナス金利導入に対する過剰反応が一巡するなかで、目先は買い戻しの流れが続きそうだ。
 今週の日本株相場は地合い好転により底堅い推移を想定するが、戻り待ちの売りも多いとみている。日経平均が上昇するにつれ上値は重くなるとみている。買戻し一巡後は物色の方向性の見極めが重要となろう。

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

NYデイリーレポート
2018年07月

2018年07月20日

 19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強かったことがわかると、昨日高値の113.14円を上抜け113.17円と1月9日以来の高値を更新した。
 ただ、米10年債利回りが低下に転じるにつれて上値が切り下がった。トランプ米大統領が「金利上昇はうれしくない」「ドル高は我々に不利益を与える」と発言すると112.06円まで急落した。
 もっとも、米ホワイトハウス が「トランプ米大統領は米連邦準備理事会(FRB)の独立性を尊重」「トランプ米大統領はFRBの決定に干渉しない」との見解を示したことで112.52円まで買い戻された。

 ユーロドルは、良好な米経済指標を手掛かりに売りが先行し、1.1575ドルと6月29日以来の安値を更新した。
 その後、米長期金利の低下やトランプ米大統領のドル高けん制発言を受けて1.1678ドルまで急速に持ち直したが、米ホワイトハウスがトランプ発言の火消しに回ると1.1630ドル台まで失速した。

 ユーロ円は、トランプ米大統領の発言を受けたドル円の下落につれて130.73円まで売られたが、勢いは長続きしなかった。

20日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○08:30 6月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.8%)
○08:50 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○13:30 5月全産業活動指数(予想:前月比横ばい)

<海外>
○15:00 6月独生産者物価指数(PPI、予想:前月比0.3%)
○17:00 5月ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
○21:20 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
○21:30 5月カナダ小売売上高(予想:前月比1.1%/自動車を除く前月比0.7%)
○21:30 6月カナダCPI(予想:前月比0.1%/前年比2.4%)
○21日05:00~ ゼネラル・エレクトリック(GE)第2四半期決算
21日 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ブエノスアイレス、22日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
メルマガ
2014年11月

2014年11月27日

 27日の東京外国為替市場でドル円は弱含み。後場の日経平均株価が170円超下落したことをながめ、海外勢中心にリスク回避の円買い・ドル売りが強まった。前日安値の117.43円や21日安値の117.35円を下抜けて117.27円まで下げ足を速めた。その後は下げ渋ったものの戻りは鈍く15時過ぎに一時117.26円まで再び下げた。

 ユーロドルは小動き。引き続き1.2500ドルを挟んで方向感が出ていない。市場では「海外時間に発表される11月独雇用統計や11月独CPI速報値の結果を見極めたい」との指摘があった。

 ユーロ円は弱含み。15時時点では146.69−74円と12時時点(146.96円)と比べて27銭程度のユーロ安水準だった。日本株安を手掛かりに全般円高が進んだ流れに沿った。一時146.635円まで値を下げた。

【2018年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2017年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2013年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

ページトップへ