ますも証券
創業・明治6年

福井で株・投資・FXのことなら
ますも証券におまかせ!

ご相談・お問合せ
TEL 0776-23-2830
今すぐ口座開設する
株や投資を始めてみたい方へ
ますものNISA
お問い合せ・資料請求
FX会員様ログイン
福井女性活躍推進企業マーク
メール会員登録

ますも証券がおすすめする情報や
セミナー情報などをメール配信!

メール会員とは?

マイナビ2020
「ひらがな」なオーナー日記

ますも証券のオーナー益永が綴る
冷や汗とズッコケの毎日を、写真と
【ひらがな名前入り和歌】で紹介!
あなたの名前も和歌に入るかも?

▼ こんな本も出してます ▼

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場

2017年7月20日発刊!
第4弾「ひらがなな会長の、社員への手紙」

十数年前に実施した社員アンケートに対する回答を集めた構成で、8コマ漫画やイラストを交え、とても読みやすい内容なっています。

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場
週刊よもやま話
「ひらがな」な社長の毎日
為替レポート一覧
NYデイリーレポート メルマガ
証券レポート
2015年12月

2015年12月21日

 日本株はもみ合う展開を想定 

 先週の日経平均は週間ベースで3週続落。米利上げを前にリスク資産からの資金流出懸念などが広がり、週初は売り先行でスタート。米FOMCを波乱無く通過すると大幅に反発し、19,000円台を回復した。ただ、週末にかけては、日銀金融政策決定会合の「補完措置」が失望売りを招き、19,000円台を割り込んで取引を終えた。

 今年最後にして最大のイベントであった先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、FRBが大方の予想通り9年半ぶりとなる利上げを決断した。イエレンFRB議長は年内に金融政策の正常化に向けて一歩踏み出した安堵感があったと思える。気になるのは市場の反応だが、これまでのところ市場は利上げを米国経済回復の裏返しと捉え、比較的冷静に受け止めているようだ。
 今週はクリスマス休暇があることから市場参加者は減少するが、翌週以降の相場では米金融政策の正常化を受けてマネーがより選別的となり、リスク・リターンに見合った選別投資の流れが徐々に強まることになろう。

 今週の日本株相場は、クリスマス休暇を控え海外投資家が減少するなか、中小型株が物色の中心となりそうだ。日経平均は引き続き方向感に乏しい展開が続くとみており、下値不安は乏しいが、上値を追う動きも限られよう。個別株に目を向けても、多くの主力株は25日移動平均線を回復していない。買戻しの域を出ておらず、今後も上値余地は限られそうだ。
 さらに、今週引き続き警戒を要するのは原油価格の下落に歯止めがかからないことだ。原油価格の下落は、日本などのエネルギー輸入国にとっては実体経済面で中長期的にメリットは大きいものの、金融市場では信用リスクといった経路でリスクが顕在化する可能性があり警戒を要しよう。




【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

NYデイリーレポート
2019年01月

2019年01月16日

 15日のニューヨーク外国為替市場でポンドは、英議会が欧州連合(EU)離脱協定案を賛成202、反対432の反対多数で否決したことで、序盤、ポンド円は137.38円、ポンドドルは1.2670ドルまで売られたものの、「大差で否決される」との事前予想を手掛かりに足もとでポンド安が進んでいたため、いったん買い戻しが優勢となり、ポンド円は一時140.07円付近、ポンドドルは1.2890ドル付近まで大幅に反発した。
 なお、ユンケル欧州委員長はこの結果を受けて「無秩序な離脱のリスクが高まった」との緊急声明を公表したほか、クルツ・オーストリア首相はツイッターで「いずれにせよ離脱協定案の再交渉はないだろう」との見解を示した。

 ユーロドルは、米経済指標が軒並み予想を下回ったことを受けてユーロ買い・ドル売りが先行し一時1.1455ドル付近まで上げたものの、戻りは鈍かった。
 2018年独国内総生産(GDP)が5年ぶりの低い伸びを記録したことを背景にユーロ売りが多く、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が欧州議会で「最近の経済動向は予想よりも弱い」「依然として十分な金融緩和策が必要」と述べたことでユーロ売りが活発化し一時1.1382ドルと日通し安値を付けた。

 ドル円は、1月米ニューヨーク連銀製造業景気指数や12月米卸売物価指数(PPI)が予想より弱い内容となったことで円買い・ドル売りが先行し、一時108.33円付近まで値を下げた。ただ、現物の米国株相場が底堅く推移し、米長期金利が上昇に転じるとじりじりと下値を切り上げる展開に。ポンドやユーロに対してドル高が進んだ影響も受けて、一時108.77円と本日高値を付けた。
 なお、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は「更なる利上げを支持する要因は見当たらない」と述べたほか、ジョージ米カンザスティ連銀総裁は「FRBの金利正常化を停止する良い時期の可能性」などと語った。

 ユーロ円は、ユーロ圏の景気減速が懸念されるなか、ドラギECB総裁のハト派的な発言をきっかけに円買い・ユーロ売りが先行。ポンド円の下落につれた売りも出て一時123.40円と日通し安値を付けた。ただ、英議会採決後にポンド円が急速に持ち直すとユーロ円にも買い戻しが入り124円台を回復した。

16日のイベントスケジュール(時間は日本時間)
<国内>
○08:50 11月機械受注(予想:船舶・電力除く民需 前月比3.5%/前年比0.4%)
○08:50 12月企業物価指数(予想:前月比▲0.3%/前年比1.8%)
○13:30 11月第三次産業活動指数(予想:前月比▲0.6%)

<海外>
○08:30 1月豪ウエストパック消費者信頼感指数
○16:00 12月独消費者物価指数(CPI)改定値(予想:前月比0.1%/前年比1.7%)
○17:40 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
○18:15 カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁、議会証言
○18:30 12月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.2%/前年比2.1%)
       CPIコア指数(予想:前年比1.8%)
○18:30 12月英小売物価指数(RPI、予想:前月比0.5%/前年比2.9%)
○18:30 12月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.4%)
○20:00 トルコ中銀、政策金利発表(予想:24.00%で据え置き)
○20:00 11月南アフリカ小売売上高(予想:前年同月比2.5%)
○21:00 MBA住宅ローン申請指数
○22:30 12月米輸入物価指数(予想:前月比▲1.3%)
○24:00 1月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:56)
○17日00:30 EIA週間在庫統計
○17日04:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
○17日04:00 英内閣不信任決議案の採決

※米政府が一部閉鎖されているため、指標の発表は流動的となっています。
※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。

【2019年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

メルマガ
2019年01月

2019年01月11日

2019/1/11
新年あけましておめでとうございます。
いつもご愛読ありがとうございます。ますも証券の高島です。

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り、ありがとうございました。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

☆彡【マーケットコラム:】

「Brexit(英国のEU離脱)はどうなる?!」 (記・高島正幸)

 英国のEU離脱、3月29日に離脱期限を控え、英国の動きが注目されています。
この離脱に、英国はEUの予算の自国負担分として、350億~390億ポンド(約4.9~5.5兆円)を支払うことになりました。今後、英国はどのような形でEUを離脱していくのでしょうか?
この「どのように」離脱するかによって今後の英国経済に及ぶ影響は大きく異なってきます。

そもそもこの「Brexit(英国のEU離脱)」は、移民問題などを通じEUに不満を持つ層が想定以上多く、2016年6月23日に行った国民投票でEUからの離脱が決まりました。
投票結果は、離脱51.9%、残留48.1%という僅差でした。
事前予想では、残留が予想されていただけに、この結果は、驚きとなりました。

「EU離脱」を問う国民投票の実施は、2013年1月に決まったのですが、その当時の英国は、リーマン・ショックのあおりを受けた欧州債務危機の時で、「EU内からの移民急増により、その債務超過の悪影響を受けた」、「EUからの移民に仕事をとられている」という反EU感情が増えていました。
こうした背景から、国民投票を行い、英国はEU離脱に向かって動き始めることとなりました。

では、今後のシナリオはどのようになるのでしょうか?
1.秩序ある離脱…2018年11月、英国とEUは、離脱後の関係を定めた条件に・・・
続きは こちら⇒  )

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

☆:FXカフェセミナー開催のお知らせ
今後の為替相場の見通しや為替相場を利用し少額で始められる
FX(店頭外国為替証拠金取引)取引の説明と為替相場の見通しのセミナーを開催します。

FXの商品説明と投資に重要な為替相場見通しについてのセミナーで
今後のドルやユーロの動向についてお話します。
美味しいスイーツをお召し上がりになりながら、ゆったりとした空間でお聞きください。
参加無料ですお気軽にご参加ください。 

【日時】2019年1月19日(土)10:00~12:00
【場所】ぼんたW 
福井市大宮1-11-27
 0776-63-6244
【参加費】無料(※事前申込みが必要)スイーツセット付
【定員】先着20名
詳細・お申込は 
こちら⇒ 
お電話(フリーダイヤル):0120-283-743

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

○:第29回異業種交流会のお知らせ
今回の異業種交流会は、株式会社シャルマン代表取締役会長である堀川 馨様を講師に招きまして講演会を開催いたします。
また、当日は株式会社シャルマン様の眼鏡や手術道具などの展示も予定しておりますので、みなさん奮ってご参加下さい。

【日時】2019年3月14日(木)受付17時30分~18時
【講演】18時~19時20分
【講師】堀川 馨 氏(株式会社シャルマン 代表取締役会長)
【テーマ】「福井から世界へ、眼鏡、そして医療へ」
【懇親会】19時30分~21時
【場所】ザ・グランユアーズフクイ 3階 天山の間 (ホテル フジタ福井内)
福井市大手3-12-20
【参加費】6,000円
【定員】先着200名(※先着順)
詳細・お申込は ⇒ 

お電話:0776-22-7772

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

★NISAキャンペーン☟
ますも証券NISAお客様キャンペーン!!

キャンペーン期間中に当社NISA口座およびジュニアNISA口座にて
50万円以上のお買付をされたお客様全ての方にキャッシュバック!
【期間】
2019年1月4日(金)~12月30日(月)受渡日ベース
【キャッシュバック内容】
NISA口座    :現金2,000円をキャッシュバック
ジュニアNISA口座:図書カード2,000円分を進呈
※ お買付金額が50万円に到達した翌月中旬以降の実行となります。
【キャンペーン対象の方】
当社NISA口座にて50万円以上お買付されたお客様
※NISA口座開設にあたり申請してから2~3週間程度要します。
※お買付金額には手数料は含みません。お買付が複数回でも構いません。
※キャッシュバックは口座名義人の方に限ります。
※ただし、ロールオーバーは除きます。
※1口座あたり1回に限ります。
【対象商品】
上場株式・ETF・ETN・REIT・投資信託
【お問合せ】ますも証券 営業本部 [TEL] 0776-23-2830 
詳しくは、こちら⇒ 


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
本メールでご案内する商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料
(株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.242%(税込み)が必要となります。
投資信託の場合は、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸費用等)
をご負担いただきます。
FXの場合は、取引手数料は1万通貨(1取引単位・南アランド/円は10万通貨単位)
あたり、0円または500円となっています。
取引レートに売付け価格と買付け価格には差額(スプレッド)があり、また、別途諸費用等
がかかる場合にはご負担いただきます。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や
目論見書またはリンク先のお客さま向け資料等をよくお読みください。

商号等:益茂証券株式会社
金融商品取引業者 北陸財務局長(金商)第12号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会

【メルマガ配信停止を希望の方はこちら】 
【ますも証券ホームページ】 
【NISAについてのお問合わせはこちら】 
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
本情報は益茂証券が信頼できると判断した情報に基づいて作成されたものですがその情
報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、作成時点のデータであり、予告
なしに修正・削除される可能性があります。さらに、投資判断の参考となる情報提供を目的
としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資に関する
最終決定はご自身の判断でお願いいたします。また、本情報は信頼できると思われるデー
タに基づいて作成したものですが、その正確性、完全性を保証したものではありません。
本情報に示された意見や予測は、資料作成時点での当社の見通しであり今後予告なしに
当社の判断で随時変更することがあります。
※また、セミナーでは場合によっては勧誘行為をさせて頂くこともございます。
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

【2019年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2017年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2013年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

ページトップへ