ますも証券
創業・明治6年

福井で株・投資・FXのことなら
ますも証券におまかせ!

ご相談・お問合せ
TEL 0776-23-2830
今すぐ口座開設する
株や投資を始めてみたい方へ
ますものNISA
お問い合せ・資料請求
FX会員様ログイン
福井女性活躍推進企業マーク
メール会員登録

ますも証券がおすすめする情報や
セミナー情報などをメール配信!

メール会員とは?

マイナビ2020
「ひらがな」なオーナー日記

ますも証券のオーナー益永が綴る
冷や汗とズッコケの毎日を、写真と
【ひらがな名前入り和歌】で紹介!
あなたの名前も和歌に入るかも?

▼ こんな本も出してます ▼

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場

2017年7月20日発刊!
第4弾「ひらがなな会長の、社員への手紙」

十数年前に実施した社員アンケートに対する回答を集めた構成で、8コマ漫画やイラストを交え、とても読みやすい内容なっています。

ひらがなな会長の、8コマ人生劇場
週刊よもやま話
「ひらがな」な社長の毎日
為替レポート一覧
NYデイリーレポート メルマガ
証券レポート
2016年01月

2016年01月18日

 日経平均は一旦テクニカルリバウンド局面へ

 先週の日経平均は週間ベースで続落。
前週の大幅下落の流れを引継ぎ下落してスタート。一旦は急反発したものの、週末にかけては中国に対する先行き不透明感や、原油安が売り材料となり再び下げ幅を広げた。結局約3ヵ月ぶりの安値水準となる17,147円で取引を終えた。
 
 投資家がリスク回避姿勢を強めている背景には、中国経済の減速に対する不安があることは間違いない。今年に入ってからの中国不安は実体経済を映す鏡である中国株の下落と資本流出懸念が起こる中で、人民元安が引き金となった。ただ、中国株の下落と通貨安は当局による政策対応や介入などもあって先週は落ち着く場面もみられた。
 さらに、市場心理を萎縮させているのが下げ止まらない原油など資源価格の値動きだ。資源価格の下落は商品先物市場などを通して市場を不安定化させてきた。市場の注目は引き続き中国不安と資源価格の動向であるが、先週までと異なっているのは焦点が日米企業の業績に与える影響に変わっていく点であろう。今週米国では15年10~12月期の決算発表が本格化し、日本でも翌週以降は業績発表がスタートしてくる。国内ではすでに大手商社が資源価格の下落による減損損失の発生を発表し、海外でも資源大手の業績悪化が信用リスクにつながっている。日本国内では原材料価格の下落やガソリン安といったメリットも大きいが、当面はリスク要因に注意を払わざるをえない状況だ。

 今週の日本株相場は、引き続き波乱の展開を余儀なくされそうだが、一旦リバウンドの動きが期待されそうだ。中国人民元下落や原油安などに対する警戒感は根強いが、テクニカル面では騰落レシオ25日移動平均が60%を割り込むなど、売られすぎを示唆する指標も目立ち始めてい。日経平均株価が昨年9月下旬に付けた直近安値付近まで下げてきたことで、目先はテクニカル・リバウンドの流れが強まりそうだ。ただ、不安定な相場つきに変化はなく、相場の値動きが荒くなることを想定すべきで、機敏な対応が求められる局面だと言えそうだ。

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

NYデイリーレポート
2019年03月

2019年03月20日

 19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、欧米株価の上昇を手掛かりに円売り・ドル買いが先行。米長期金利の上昇に伴う買いも入り、一時111.48円と日通し高値を付けた。
 ただ、200日移動平均線が位置する111.45円付近ではテクニカル的な売りが出たため上値は限られている。「一部の米政府高官は中国側の抵抗で米中貿易交渉が後退しているとの懸念を表明」との報道が伝わると、株価の失速とともに円買い・ドル売りが入り111.25円付近まで下押しした。
 もっとも、一部米紙が来週の米中貿易協議の再開と4月末までの合意を目指す動きを伝えると下げ渋った。
 明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の定例記者会見など米重要イベントを前に大きな方向感が出にくい面もあった。今日の安値は東京時間に付けた111.16円で値幅は32銭程度だった。

 ユーロドルは、明日の米金融イベントや21-22日の欧州連合(EU)首脳会議を控えて、商いは低調だった。今日の安値は1.1334ドル、高値は1.1362ドルで値幅は0.0028ドル程度だった。NY市場に限れば0.0023ドル程度の値幅。

 ユーロ円は、欧州株価やダウ先物の上昇を手掛かりに円売り・ユーロ買いが先行し、一時126.62円と日通し高値を付けたが、各国の重要イベントを前に一本調子で上昇する展開にはならなかった。一時は190ドル超上昇した現物のダウ平均が下げに転じたことも相場の重し。

 ポンドドルは神経質な展開だった。英国のEU離脱を巡り、「EU首脳陣は首脳会議で英国に条件付きの離脱延期を提示する計画」と伝わると、延期期待が高まりポンド買いが先行し一時1.3311ドルと日通し高値を付けた。ただ、英EU離脱を巡る先行き不透明感は根強く、1.3241ドルの日通し安値を付けた。引けにかけては1.32ドル台後半で徐々に値動きが鈍っている。
 BBCによると、メイ英首相は29日に設定されているEU離脱期限を6月末まで延長し、離脱を最大2年間先送りする選択肢を求める書簡を本日中に送付する。

20日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○08:50 1月22-23日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
○未定 3月月例経済報告

<海外>
○06:45 10-12月期ニュージーランド(NZ)経常収支(予想:35億5500万NZドルの赤字)
○16:00 2月独生産者物価指数(PPI、予想:前月比0.2%)
○17:00 2月南アフリカ消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.9%/前年比4.1%)
○18:30 2月英CPI(予想:前月比0.5%/前年比1.8%)
       CPIコア指数(予想:前年比1.9%)
       小売物価指数(RPI、予想:前月比0.7%/前年比2.5%)
○18:30 2月英PPI(食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.3%)
○20:00 MBA住宅ローン申請指数
○20:00 1月南アフリカ小売売上高(予想:前年同月比1.1%)
○23:30 EIA週間在庫統計
○21日03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表(予想:2.25-2.50%で据え置き)
○21日03:00 FOMC、経済・金利見通し発表
○21日03:30 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
○英中銀金融政策委員会(MPC、21日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
メルマガ
2019年03月

2019年03月06日

2019/3/6
いつもご愛読ありがとうございます。ますも証券の高島です。

3月に入り、陽気な春の雰囲気が心を軽く感じる季節となってきました。
しかし、そんな春の陽気ですが、アレで困っている方も多いですね^^;;
そう、「花粉症」!!

私は、全くないのですが、この花粉症に悩まされている方が多くいます。
厚生労働省の調べによりますと、日本人の4人に1人は花粉症に悩まされているといいます。年々、花粉症の症状に悩まされている人は増加しており、今では花粉症による症状は社会的にも受け入れられ、受付や窓口での業務を担当する社員がマスクをつけているような光景も決して珍しくないですね。

花粉症の治療は、飲み薬、点鼻薬など薬物療法からレーザー治療などさまざま方法がありますが、朝晩2回行う鼻うがいが花粉症対策に効果的だと言われています。
その他にも通常のマスクではなく、花粉対策用マスクに変えるだけでも花粉の侵入を70〜80%以上カットすることができるそうです。

来月は新年度ですね。
花粉症による悩みを少しでも軽減し、晴れやかな気持ちで過ごしたいものです^^!!

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

☆彡【マーケットコラム:】

「MSCIが中国A株、組み入れ拡大?!」 (記・高島正幸)

2019年2月28日、国際的株価指数(MSCI指数)を算出しているMSCIが中国本土株A株(中国本土の証券取引所に上場している人民元建て株式)の組み入れ比率拡大を正式に発表した。
(MSCI指数⇒モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが算出・公表する指数で、多くの機関投資家や投資信託のベンチマークとして採用されている。)
今回、中国本土株に対する時価総額の上限を段階的に現行の5%から20%へ大幅に引き上げられ、同指数に占めるA株の割合は3.3%になる。これによって、600億米ドル超の海外資金が、本土A株に流入してくると予想されている。
これまで、MSCIの指数に採用されている銘柄は、香港に上場する中国企業の株や中国本土で外国人が売買できるB株、中国ADRなどごく一部にとどまり、時価総額の大半を占める本土のA株は限定されていた。
しかし、実体と乖離した不自然な状況を是正する流れ・・・
続きは こちら⇒ )

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

○:第29回異業種交流会のお知らせ
今回の異業種交流会は、株式会社シャルマン代表取締役会長である堀川 馨様を講師に招きまして講演会を開催いたします。
また、当日は株式会社シャルマン様の眼鏡や手術道具などの展示も予定しておりますので、みなさん奮ってご参加下さい。

【日時】2019年3月14日(木)受付17時30分~18時
【講演】18時~19時20分
【講師】堀川 馨 氏(株式会社シャルマン 代表取締役会長)
【テーマ】「福井から世界へ、眼鏡、そして医療へ」
【懇親会】19時30分~21時
【場所】ザ・グランユアーズフクイ 3階 天山の間 (ホテル フジタ福井内)
福井市大手3-12-20
【参加費】6,000円
【定員】先着200名(※先着順)
詳細・お申込は ⇒ 

お電話:0776-22-7772

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

☆:FXカフェセミナー開催のお知らせ
今後の為替相場の見通しや為替相場を利用し少額で始められる
FX(店頭外国為替証拠金取引)取引の説明と為替相場の見通しのセミナーを開催します。
FXの商品説明と投資に重要な為替相場見通しについてのセミナーで
今後のドルやユーロの動向についてお話します。
美味しいスイーツをお召し上がりになりながら、ゆったりとした空間でお聞きください。
参加無料ですお気軽にご参加ください。 

【日時】2019年3月16日(土)9:30~11:30
【場所】レストラン トミー
福井市上北野町1丁目24-3
 0776-53-3080
【参加費】無料(※事前申込みが必要)スイーツセット付
【定員】先着20名
詳細・お申込は 

お電話(フリーダイヤル):0120-283-743

*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

★NISAキャンペーン☟
ますも証券NISAお客様キャンペーン!!

キャンペーン期間中に当社NISA口座およびジュニアNISA口座にて
50万円以上のお買付をされたお客様全ての方にキャッシュバック!
【期間】
2019年1月4日(金)~12月30日(月)受渡日ベース
【キャッシュバック内容】
NISA口座    :現金2,000円をキャッシュバック
ジュニアNISA口座:図書カード2,000円分を進呈
※ お買付金額が50万円に到達した翌月中旬以降の実行となります。
【キャンペーン対象の方】
当社NISA口座にて50万円以上お買付されたお客様
※NISA口座開設にあたり申請してから2~3週間程度要します。
※お買付金額には手数料は含みません。お買付が複数回でも構いません。
※キャッシュバックは口座名義人の方に限ります。
※ただし、ロールオーバーは除きます。
※1口座あたり1回に限ります。
【対象商品】
上場株式・ETF・ETN・REIT・投資信託
【お問合せ】ますも証券 営業本部 [TEL] 0776-23-2830 
詳しくは、こちら⇒ 

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
本メールでご案内する商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料
(株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.242%(税込み)が必要となります。
投資信託の場合は、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸費用等)
をご負担いただきます。
FXの場合は、取引手数料は1万通貨(1取引単位・南アランド/円は10万通貨単位)
あたり、0円または500円となっています。
取引レートに売付け価格と買付け価格には差額(スプレッド)があり、また、別途諸費用等
がかかる場合にはご負担いただきます。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や
目論見書またはリンク先のお客さま向け資料等をよくお読みください。

商号等:益茂証券株式会社
金融商品取引業者 北陸財務局長(金商)第12号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会

【メルマガ配信停止を希望の方はこちら】 
【ますも証券ホームページ】 
【NISAについてのお問合わせはこちら】 
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
本情報は益茂証券が信頼できると判断した情報に基づいて作成されたものですがその情
報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、作成時点のデータであり、予告
なしに修正・削除される可能性があります。さらに、投資判断の参考となる情報提供を目的
としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資に関する
最終決定はご自身の判断でお願いいたします。また、本情報は信頼できると思われるデー
タに基づいて作成したものですが、その正確性、完全性を保証したものではありません。
本情報に示された意見や予測は、資料作成時点での当社の見通しであり今後予告なしに
当社の判断で随時変更することがあります。
※また、セミナーでは場合によっては勧誘行為をさせて頂くこともございます。
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

【2019年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2017年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2016年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2015年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

【2013年

12月

11月

10月

09月

08月

07月

06月

05月

04月

03月

02月

01月

ページトップへ